ホーム > 診療内容 > インビザライン

インビザライン

インビザラインについて

インビザラインは、不正咬合を治療するため患者さん一人一人のためにカスタムオーダーで製造される矯正装置です。
装着していても、見た目はほとんど目立たない上、取り外すこともできます。
インビザラインの治療プロセスや結果は、最新の3Dアニメーションで表示することができます。
すでに、全世界で45万人以上の患者さんの治療にインビザラインが使われています。

インビザラインの特徴

■目立たない

インビザラインは、従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。

■痛みや違和感が少ない

インビザラインは、厚さ0.5mmのマウスピースを2週間ごとに交換していきます。1つのマウスピースで歯を動かす距離が約0.25mmと少ないため、 痛みがありません。金属ワイヤーとブラケットのような装置自体の異物感が少なく、マウスピース自体も歯の部分だけを覆う最小の形態となっています。

■取り外しができる

マウスピースは、必要に応じてご自分で取り外しが可能です。食事や歯磨きの際には取り外すことができるので、虫歯や歯周病などの心配もありません。

■通院回数が少ない

基本的に1.5ヶ月〜3ヶ月毎の通院となります。海外出張や留学などで来院が困難な場合にはさらに通院回数が少なくなるよう対応いたします。