ホーム > 診療内容 > 審美歯科

審美歯科

審美歯科

従来の虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美」という視点をプラスした歯科治療

ポーセレンベニア

歯の表面を少し削って、非常に薄いカスタムメイドのポーセレン(セラミック)のシェルを歯の表面にはり付ける治療法です。歯の色調、形を変えて自然な歯により近い美しい歯を再現できます。

ポーセレンクラウン

虫歯の治療等で歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」「被せ物」といわれます。比較的大きな虫歯を治療した後や、根管治療後(神経を取った後)はコンポジットレジンやインレーでは強化が十分に得られない場合、クラウンによる治療が一般的です。

ポーセレンブリッジ

歯が抜けてしまった場合、両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人口の歯を入れる欠損部分を回復するものです。

審美的な充填

アマルガム充填のようなシルバーのつめ物の代わりに自然な天然歯に近い色のつめ物を行います。

コンポジットレジン

虫歯の部分を削った後にレジンとフォラーを混合したコンポジットレジンというプラスチックを充填します。

ハイブリッド・セラミック インレー・オンレー(部分的被覆)

コンポジットレジンでは、強度が十分でない場合に行う詰め物で、自然な仕上がりになります。